【断捨離】買ってもまた欲しくなるのはなぜか?【整理収納アドバイザー】

ファッション・美容

服や靴を買ったばかりなのに、また他のものが欲しくなったことはありませんか?

せっかくセールでたくさん買ったのに、もう次の服に目がいっている…

私にとっては「あるある」です。

この困った現象がなぜ起きるのか考えました。

スポンサーリンク

「買った理由」はそもそも何?

買ってもまた欲しくなる…ということは、さっき買ったばかりのものから意識が既に離れてしまっているんです。せっかく買ったのにね。

それ、買った理由、所有する理由をちゃんと語れますか?残念だけど本当に欲しかったものではない確率が高そうです。

本当に必要で、コレが欲しい!と思って購入したものなら、使うのが楽しみになるし、頻繁に使って愛着がわくでしょう。

大好きなものだけに囲まれる暮らしは理想…だけど、そうならないのには原因があります。

スポンサーリンク

購入時に妥協してしまっている

その場の勢いで買ったものは、後になって「微妙…」と思ってしまうことがありませんか?

とりあえず間に合わせで買った。セールだから何か買わなきゃ!トクしたい!と思って買った。似合うかどうか正直自信がないけど、店員さんに勧められて買った。

これ、ぜ~んぶ「本当に気に入った!」または「まさに必要としているものはコレだ!」という感動的な出会いとはほど遠いですよね。。。

買い物をした時に「安かったからOK」「とりあえず明日のドレスコードに合う服を買えたからOK」と、自分を納得させようとしたところで、すべて「買い物に満足できていない」んです。だから、満たされるためにまた次のものを買おうとします。

妥協して買ったところで、理想に合うものを見つけたらまた買ってしまうんですよ。

だったら初めから妥協せず、コレだ!というものを見つけるまでは買わないことをオススメします。

スポンサーリンク

数量の上限を決めていない

家の広さ、収納スペースの大きさは決まっています。

モノの量を決めておかないと、いずれは溢れてしまいます。

モノが増えすぎたら広い家に引っ越しますか?あるいは収納グッズを買ってきますか?

「収納が足りないから、衣装ケースを買おう」と考えたことがある人は多いけれど、収納グッズを増やしたら、そこに詰め込みたくなるものですよね。

限られた空間を気持ちよく使うためにも、「ここに入る分だけにしておく」と上限を決めることをオススメします。

買う前に何か処分するというのは理想だけど、「ひとつ買ったらひとつ捨てる」でもOKだし、衣替えの時にそのシーズンに着なかった服を手放すとか、方法は何でもいいんです。好きなものを厳選する習慣を身につけるために、モノの数を増やしすぎないことが大事です。

スポンサーリンク

自分のスタイルが確立できていない

「マイスタイル」って何だろう…と迷走したことは私にもあります。

流行の服ばかり買ってしまうのは、とにかくファッションが好き!というのもあるけれど、他人から「同じような服ばかり着ている」と思われたくないから…という理由もあるかも。

でも、周りに「○○さんといえばあの服装よね」と思い浮かぶ人っていますよね。ワンピースが似合うあの人、ジャケパンにハットを合わせたカッコいいあの人、などなど。

それこそがその人のスタイルなんですよ…!

テイストや生地の質感、シルエットなど、自分に似合うもの、自分らしさをよく知っていて、いつも自分に似合うものを身に着けている。素敵じゃないですか~。つか同じような服ばかり着ていて何がダメなの?

というわけで、意識が釘付けになるくらい好きなもの、本当に自分に似合うものに出会った時だけ買うようにしましょうね。

私はいつも、これぞ!というものに出会ったら、色ち買い(同じデザインの服を色違いで買う)したり、丈の長さなどが少し違うものを複数買いしたりしています。

どうせ買うなら、満たされる買い物をしてくださいね~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション・美容収納
スポンサーリンク
シェアする
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開