整理収納アドバイザー

収納

【整理収納】思い出のモノの整理と手放し方

使わないものは捨てて、使うものだけ残せ!ってよく聞くけど、結婚式で使ったものや新婚旅行のおみやげ、子どもの作品など「思い出の品」はどうすれば?? これ、捨てるか残すかを誰もが迷い、悩むんです。 今回は整理収納アドバイザーとして...
インテリア

失敗しない収納用品の選び方とは【整理収納】

整理収納のお仕事をいただいて訪問する際に「100円ショップとニトリが近くにあるからすぐ買いに行けます」と事前にお知らせくださることがあります。 確かに、私も「ここにキャビネットがあったら便利だろうな~」とか、ふと思いついて買ったこと...
収納

【整理収納】手が届かない高さのスペースに収納してはいけないものとは

キッチン収納やクローゼットなどで、高いところに何を収納しますか? 使用頻度が低い季節もの…条件はそれだけですか? NG① 重量物と割れ物 ↑うちのキッチンの調理スペース上にある吊り戸棚です。 手が届かない最...
スポンサーリンク
収納

【断捨離】食器を手放す基準・食器棚の整理

食器棚に眠る「使わない食器」を処分し、収納方法もほんの少し変えました。 整理収納アドバイザー1級の知識は完全にこのブログでしか使わないこの頃^ ^; 全部出して「いる・いらない」を決定 断捨離をする際にヒントにし...
掃除

モノが多い人にオススメしたい「ひたすら捨てるだけの日」

友人宅の断捨離を手伝ってきました。年末に大掃除をしたけれど、あまり片付かなかったとのこと。 今回は、「掃除」ではなく「ただただ捨てること」に集中しました。 掃除の前にやるべきことはまず「捨てる」 汚れを除去する前...
収納

二度と散らからない部屋の作り方【整理収納アドバイザー】

せっかく片付けても、3日後にはモノが出しっぱなし、ゴチャゴチャに…それには2つ原因がありす。 1つは「チョイ置き」。同じ動作でも「片付け」に変えることができれば、散らからなくなります。 そしてもうひとつの原因も解決して、面倒に...
掃除

整理収納アドバイザー的【断捨離の始め方】まずは捨てやすいアレとアソコから始めよう

断捨離という言葉は知っているし、いつかやらなきゃいけないのも分かっている。でも何から・どこから始めればいいか分からない、やる気が出ない…という人に。 まずはすぐにでも処分できるものから始めて、スッキリ感を体験してみませんか? ...
手放したもの

キッチンになくていいもの【ミニマリストの台所にはアレがない】

かつて汚部屋の住人だった私は、今は2児の母で整理収納アドバイザーです。 汚部屋時代に「あって当然」と考えていたものの中で、実は重要ではなかったもの、手放しても問題なかったものがいくつかありました。 お玉やフライパンの「見せる収...
収納

おもちゃ断捨離の基準、コツ、タイミング【男女4歳差のうちの場合】おもちゃの整理収納①

増え続ける子どものおもちゃ。断捨離タイミングの見極め方、手放し方について。2人目がいる場合は必ずしも捨てなくてもOKです。
2020.07.25
収納

おもちゃ収納 【子どもが自分でできる方法】おもちゃの整理収納②

おもちゃの収納は、とりあえず全部押し入れに入れてしまえばOKではありません!子どもに考える力がつけば、自分で必要・不要を判断して片付けられるようになりますよ。
2020.07.02
整理収納アドバイザー

ワーママの食材の在庫管理

食材の賞味期限切れと在庫切れを防ぎ、適量を持つ方法について、整理収納アドバイザーと食のプロの目線で私がやっている簡単なことを紹介します。 和・洋・中にエスニックなど、いろいろな料理が調理されるのが日本の台所の特徴です。管理すべき食べ...
収納

子ども部屋が散らかる原因【親の責任だ】自分で片付けられる部屋にする方法とは

毎日、何度も何度も「片付けなさい!!!」と言っても、キレイになるのはその直後だけ。それは、あなたが子どもに「自分でできる片付け方」を教えていないからです。 親の助言次第で、子どもが1人で片付けられるようになりますよ~。 自分で...
収納

子ども服の整理収納 すぐ片付く!整理収納アドバイザーの着眼点

整理収納アドバイザーが、サイズが変わりやすく、季節ごとに買うとかなりの枚数になる子ども服の「すぐ散らかってしまう」悩みにヒントを。シンプルなルールで簡単に片付きますよ。
収納

服は持っているのに「着るものがない」とは?【整理できない人の特徴・クセ】

クローゼットをスッキリさせて、無駄買い防止!でもトレンドは押さえておきたい。そんな方へ、整理収納アドバイザーからのメッセージです。 クローゼットは満タンなのに、どれもイマイチな気がして着たい服がない…それで新しい服を買ってきたら、以...
家族・子育て

実家の汚部屋を断捨離したい【親の終活】ミニマリストの整理収納アドバイザーvs母 その2

実家の整理・片付けをスムーズに進めるコツその2。昭和の「捨てられない」母は70代後半。父は他界し、母も終活を意識しているものの、やっぱりもったいないと言って何でもため込みます。
スポンサーリンク