こたついらない!断捨離して5年後の暮らしと感じること

インテリア

戸建てに大人2人・小3・5歳児の4人暮らし。

第一子が誕生した時にこたつを断捨離してから、冷暖房はエアコンのみです。

こたつを処分してから暮らしがどう変わったかを書きます。

こたつを使わなくなった理由のすべては安全と時短のためですが、捨ててよかったと思うことばかりです。

スポンサーリンク

こたつ捨てる!と決心した理由

↑2015年の春頃のリビングの様子。

冷暖房器具はエアコンだけ ミニマリストの空調機器事情にも書きましたが、第一子が歩くようになった頃、2011年の冬にはこたつを処分していた記憶があります。もう8年になりますね。

こたつを手放した理由は

  • 幼い子どもがこたつ布団につまずいて転倒することが多い
  • 食べこぼしが多い→こたつ布団カバーの洗濯が追いつかない
  • 留守にする時間の方が長いからこたつをあまり使っていない
  • 季節ごとにこたつ布団を出し入れするのが大変
  • こたつを置くと部屋が狭くなる

など。特に子どもが転倒してこたつの角に頭をぶつけるのが怖かったのと、こたつ布団カバーの脱着が面倒でした。

全開
全開

私、実家ではこたつを使ったことがなかったのよね

大学入学とともに、実家よりも寒い地域で一人暮らしを始めた私は、「一度使ってみたい」という願望もあってこたつを購入。

それから結婚後も当時のこたつを使っていましたが、すげーあったかい!!という当初の感動よりも「ほとんど留守なのに、季節ごとに出したり片付けたりするの面倒だな」という気持ちの方が強くなっていきました。

そして断捨離に至りました。

スポンサーリンク

こたつを使わなくなったメリット

↑現在のリビング。子どもは小3、5歳です。

こたつを使わなくなって、いろいろなことから解放されました。

  • 季節ごとの模様替えが必須ではなくなった→楽&時短
  • こたつ布団を干したり、カバーを洗ったりしなくていい→楽&時短
  • こたつの下で靴下が何日も眠る等、モノが迷子になりにくくなった
  • 部屋の掃除がしやすい!
  • 部屋が狭くならない
  • こたつ布団やカバーを収納するスペースが必要なくなった
  • こたつで寝たり、ダラダラ過ごすことがなくなった

…と、ま~いいことばかり。

掃除のしやすさに関しては、ロボット掃除機でも普通の掃除機でも共通です。

それに共働きだと、カバーなどの大きなものを洗濯するのは「週末」かつ「晴天」に限られてしまうので、週末の洗濯物が少しでも減るのはありがたいこと。

全開
全開

あるのが当然、使うのが普通…と思っていたものを思い切ってやめたメリットは大きかったです

寒さは克服できるのか?

寒い地域に引っ越したからこたつを使おうと思ったわけですが、フルタイム勤務で子ども2人だと、家でゆっくりする時間があまり取れません(´д`)

私は帰宅してから家事を終えるまで座らないので、こたつは必要なくなりました。

もし時間があっても、私の性格上、こたつがあるとついダラダラしてしまうので、それを防ぐためにもこたつはない方がいい気がします^ ^;

寒さはエアコンと重ね着、そして動き回ることで克服しています。

https://mainichizenkai.com/onlyairconditioner/
https://mainichizenkai.com/nighthousework/