日本人が英語を学ぶことのメリット

仕事のこと

↑先日Twitterでこんなこと書きました。

私が思う、英語を学ぶことのメリットについて書きます。

スポンサーリンク

日本語の語彙も増える

英語を理解するためには単語をたくさん覚えようというのは、英語学習上の鉄則ですよね。

知っている言葉が多ければ多いほどスムーズに理解できるから。

で、英語を理解しようと思えば思うほど、日本語も意識するようになります。

「この英単語のニュアンスを最もうまく表現できる日本語は何だ?」ということを考えるんですよね。

さらに、無意識に使っていた言葉が実は間違っていたと知ることもあるでしょう。

×シュミレーション → ○シミュレーション

「代替」の読み方 ×「だいがえ」 → ○「だいたい」

英単語の語彙とともに、母語(日本語)の語彙も増え、しかも英語と日本語を正しく結びつけて覚えられるというメリットがあります。

スポンサーリンク

正しく伝わる日本語を意識できるようになる

↑先ほどのツイートです。

単語のみならず、言い回しや文章についても正しく表現することを意識できます。それも日本語・英語の両方で。

友人や家族にしか伝わらない表現になっていないか?初めて読む(聞く)人にも1回で理解してもらえるか?

これはリーディング・ライティングのみならず、スピーキングにも関係しますね。

スポンサーリンク

文化的背景・時代背景を知ることができる

言葉の語源について調べる時に、その言葉が誕生した時代やよく使われた時代について知ることができる場合があります。

海外の曲の歌詞などでも、宗教的な感覚の違いが分かったりするので興味深いものです。

スポンサーリンク

話し相手が増える

英語が話せるというだけで、「日本語だけしか話せない人」と比べると、話し相手がかなり増えます。

単純なことですが。。。

観光地などで外国人に道を尋ねられることがあっても応じられるし、自分が海外に行った時にもスムーズに行動できます。便利。

スポンサーリンク

インターネットを便利に使える

インターネット上の情報は英語のものがすごく多いです。

何か調べていても、日本語のサイトだけに絞るとほしい結果が得られないことがあるんですが、英語のサイトも含めて調べれば、答えにたどり着く可能性が上がります。

英語を英語のまま(脳内で日本語に変換せずに)理解できるとさらにgood!

英語ができることにデメリットはない

英語ができて損することはありません。

試験や映画など、英語で何をしたいかの目的によって学習方法は変わってくるけれど、「○月までに試験を受ける」とかの期限がないのなら、興味があることから取り組んで、楽しみながら身につければOKです。

全開
全開

私は特定の本を繰り返し読んだり、英語の曲を聴く&バンドでやるとか、好きなことしてます~

カードリーダーでデジタル断捨離・デジタル整理
コンパクトフラッシュやスマートメディアなど、昔のデジカメで使われていた記憶媒体。古い写真はもう読み取りができないと諦めていませんか?私はカードリーダーで解決しました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事のこと 家族・子育て
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開