ミニマリストの全開が捨てられないもの3選

手放したもの

不必要なものは取り除く。これ、整理の基本です。

しかしながら、思い切って手放してしまうことを迷うものは誰にでもあるもので、当然ながら私にもあります。

LINEオープンチャット「ミニマリスト(管理人:ていないさん)」トークルームにて、「ミニマリストが捨てられないものベスト3」のお題が挙げられたので記事にします(出題者:つーさん)。

スポンサーリンク

第3位 20年以上前のスケート靴(当時の最高峰モデル)

実家がド貧乏なので、スポーツの道具はお年玉やバイト代を貯めて購入していました。

このスケート靴は、中学生の時に2年分のお年玉を握りしめて「5万しかないから5万で売ってください!」とスケート屋さんにゴリ押しで値切って入手した思い出の品。

全開
全開

10万円以上の靴なんだけどね…

当時、こんな高価な靴を履いている子は他にいなかった(特に女子は皆無だった)けれど、最高の道具を手に入れて「絶対に上手くなる」と心の中でつぶやきながら熱心に練習したので上達は早かったし、世界選手権への道を作ってくれたのはこの靴・・・いや、強引な値切りを断らずに内緒で売ってくれたスケート屋さんのおかげです。

今も使おうと思えば使えるし、自分の子どもがスケートに興味を示した時に私が指導することになったらまた履くかも・・・とかほんのり期待してしまって、まだ置いてあります。

スポンサーリンク

第2位 大量のCD(ハードロック・ヘヴィメタル)

小学校高学年からの私の人格形成に寄与したハードロック/ヘヴィメタル。

私はCDはジャケットや帯なども含めてひとつの作品だと考えているので、ケースを捨てることすらできません。だからとてもかさばってます。

10年くらい前に、1,000枚以上あったのを300枚ほどに厳選して減らしたけれど、それ以上は減らせません。

フルタイム勤務と家事、子育ての合間に聴く時間なんてないのに。。。

手放してしまうともう入手できないし、「また聴きたい」って気持ちがあるから残してあります。

「聴く用」「保存用」「予備」の3枚買ったのもあったりして(・∀・)←そういうのは3枚とも残してます。

全開
全開

廃盤になったものや輸入盤が多いからね~…

スポンサーリンク

第1位 しょーもないプライド

私が捨てられないものは間違いなくコレです。

「こうありたい」と思い描く自分と現実とが乖離していて、迷走しまくっては劣等感に苦しんでいます。

特に今はキャリアチェンジの途中で、自分を見失ってしまいがち。自信もなくなっちゃって。

しょーもないプライドだな~と自分でも分かっているのに捨てられないし、受け止めることもできない。

目に見えるモノじゃないんだけど、邪魔です。

https://mainichizenkai.com/obeya-failure/


https://mainichizenkai.com/letitbe/

手放したもの
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開