ワーママがブログを書くと稼げる(かも)【多趣味の子育てサラリーマン】

お金・投資

忙しい~と言いながらもブログを20年以上書いています。忙しい人ほど書くことをオススメするのには理由があって、まず稼げる(かもしれない)こと、そして仕事にもメリットをもたらすこと。

収益化の方法と、いつ書くかについても紹介します。

スポンサーリンク

忙しいからこそブログネタがたくさんある→稼げる

仕事に家事、育児など、忙しく過ごしていればそれだけ話の種は多くなるもの。それらをブログに書けば副収入になるかもしれません。

私の場合はインテリアや家事、車などにカテゴリを縛っているけれど、雑記ブログなら何でもアリですよね。

ただし、「今日も仕事で疲れた」みたいなただの日記じゃなくて、何かしら他者へ気付きをもたらせるような内容でないと読者はリピーターになってくれないだろうし、一定の質は保ちたいところです。

まぁ社会人なら、資料作成や営業トーク、上司&部下との接し方なんかで身に着けた「伝え方」のスキルを持つ人が多いから、あまり心配しなくてもいいかも。

ちなみにブログで収入を得るのは、ブログに貼っておいた広告がクリックされたり、そこから商品が購入されたりするといくらかの報酬がもらえるというもの。報酬は数円~数千円の幅があり、月いくらの収入になるかはそのブログ次第です。(私は洋服代などをブログ収入でまかなえるようになりました)

ネタが豊富で、適切な表現ができるサラリーマンこそブログに向いていると私は感じます。

スポンサーリンク

実は大きい、収入以外のメリット

社会人にとっては嬉しいメリットもあるのでご紹介。

まずは、新聞や本を読む時も、アウトプットを前提にして向き合う癖がつく→効率よく理解できるようになるという点。これはブログのネタを探す時に意識してほしいのですが、誰かに内容を説明するつもりで読み込む習慣をつけると、自分自身の理解も深まるのでオススメです。

全開
全開

なんとな~く聞き流していたニュースも、正しく理解できることが増えます

ブログのネタ探し中に気になったことを調べたり、中高生のトレンドを知ったりすることもあるでしょう。社会人にとっては、それが職場での雑談のネタにもなるので助かりますね。

さらに、ブログを書くと日々の記録ができます。日々の記録はブログ本来の目的だから大げさに言うことじゃないかもしれないけど、やはり重要です。

「つい最近のことだと思っていたのに、写真を撮った日付を確認したらもう何年も前のことだった」なんてことはありませんか?←私は茶飯事です(-_-) 人間の記憶は頼りないものですね。。。

プライベートをすべて晒す必要はないけれど、強く印象に残ったことを記録しておくといつか何かの役に立つかも。匿名性を保持できるから、ストレスの記録にする手もあります。

自分や周囲の人、社会の変化を振り返るにもブログは便利です。

スポンサーリンク

収益化の方法は有料サーバーレンタル一択

2019年半ばまでは無料ブログを利用していました。無料ブログはテンプレートが用意されていて簡単に利用できるから、特にwebに関する知識がなくても気軽に始められるのがいいところ。

ただし、無料ゆえに「広告は貼るな」「商品の宣伝はNG」などの規約変更には必ず従わないといけない(不満ならやめるしかない)し、無料サービスがいつ終了するかわかりません。突然「規約違反」と言われて、何年も蓄積させてきたブログを消された人を見たこともあります。

現在は有料サーバを借りて、独自ドメインを取得して運営しています。

エックスサーバーとお名前.comの定番の組み合わせです。

お名前.comでもサーバのレンタルのキャンペーンがあって格安だったり。。。(私が始めた後にキャンペーンがスタートした^ ^;)

自分で有料サーバで運営していれば、ブログを突然消される確率は限りなく低くなるし、自分が使っている商品の広告も貼れるから自由度が高いです。

サーバ費用などのコストはブログからの収入で余裕で支払えています。

スポンサーリンク

ブログを書く時間の捻出方法

サラリーマン、それも子育て中だと自由に使える時間が本当に少ないです。

でも、ネットゲームやSNSに費やしている時間を少し減らしてブログを書くとしたら?できそうじゃないですか?別に毎日必ず書かなくてはいけないなんてことはないし、自分のペースでいいから継続するだけです。

全開
全開

私は1年間のブログ収入が「サラリーマンでも確定申告が必要な金額」を超えています

私はやりたいことをやるために、朝4:30に起きています。早起きして掃除や料理もしつつ、ブログも書いています。更新は週3~4回できればいい方でしょうか。今後も続けます。

忙しいサラリーマンでもできて、メリットを得られるブログ。興味があったら是非どうぞ、と言いたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金・投資 仕事のこと
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開