【避妊リング】産婦人科でミレーナを入れてもらう話 その1【ワーママ体験談】

私(全開)のこと

女性特有の症状に関する生々しい内容です。

苦手な方は今回の記事をご覧にならないようお願いします。

私と避妊リングの関係

私の症状(診断名)は過多月経および月経困難症です。

若い頃から経血が多い自覚はありました。また、月経周期も23~30日と不安定です。

20代前半のある日、いつもよりかなり早く生理が来たと思ったら、夜用ナプキンとタンポンを使っても30分~1時間も持たない量の出血があり、なかなか大変でした。

次の周期でも同じことが起こったので、婦人科を受診したところ、過多月経・月経困難症と言われました。

子宮や卵巣などには異常はないとのことで、一応ホッとしたものの、いつまた多量の出血があるかと思うと不安でした。そんなんじゃ仕事にならないし。。。

その後は幸いにも多少は落ち着き、結婚、2児の出産を経て今に至りますが、あれから15年ほど経過した今でも経血は多めで貧血です。

で、過多月経や月経困難症に対しては2014年から避妊リングが保険適用となったことを2022年になってから知り、喜んで(?)医師にお願いしようと考えたわけです。

希望に合う種類のリングを選ばなきゃダメです

避妊リングはいくつか種類があり、本体から黄体ホルモンが微量ずつ放出されるタイプのもの(ミレーナが有名)、銅が微量ずつ溶け出すことで妊娠を防ぐタイプのもの(ノバTが有名)などがあります。

で、ホルモンタイプのミレーナは、過多月経や月経困難症には保険適用で使えます。
避妊目的であれば全額自費です。

銅タイプのノバTは、避妊目的なので全額自費です。過多月経や月経困難症には禁忌と説明書に書かれています。

いずれも生理4〜8日目に装着するとよいとのこと。経血を通すために子宮の通路が開いていて、かつ出血がおさまってきているからです。
生理前だと、装着時に痛みが出やすくて我慢できないケースがあったり、装着後に生理がきて、経血と一緒にリングが排出されてしまったりすることがあります。

私は過多月経で困っているので、ミレーナを求めて産婦人科を受診しました。
いくつかの産婦人科にミレーナの取り扱いをしているか電話で確認したところ、あまり多くはない印象。半々くらいかな?

「避妊リングありますか?」ではなく、きちんと「ミレーナありますか?」と問い合わせるべきですね。
とりあえず、生理5日目に、ミレーナがある産婦人科で一番近いところに行きました。

ベテラン女性医師に診察してもらい、何やら子宮にポリープがあること、がん検査を済ませてからの装着が望ましいことを聞きました。
ミレーナは効果が持続する5年間ずっと入れっぱなし。
入ったままだと、子宮の検査をするのに邪魔になるので、先にいろいろ調べておいて、異常がない状態を確認してから次の生理時に装着することを勧められました。
簡単な問診だけで、希望すれば即日装着できる病院もある中、慎重にやってくれるのはありがたいですね。(時間はかかるけど…)

まぁ装着後も半年~1年に1回は検診を受けるべきだから、5年間ガチで放置ってケースは少なそうだけど。最初は慎重に。

さて、ミレーナを入れてくれる産婦人科が見つかり、事前に説明と診察を受けたところで、次回に続きます。次回は最悪な医師に出くわした話です^ ^; 今回のクリニックの前に行った産婦人科がありえない対応だったのでその件を。

【避妊リング失敗談】産婦人科でミレーナを入れてもらう その2【ワーママ】
ミレーナの適応症状と、保険適用の条件、実際に挿入してもらうまでの流れなどを書いたのが先日の記事です。今回も女性特有の症状に関する生々しい内容を含みます。苦手な方は続きをご覧にならないようお願いします。二度と行かない...