【ミニマリスト】MAX体重だった頃は汚部屋度もMAXだった

私(全開)のこと

身長164cm、女性。MAX体重は76kgでした。汚部屋に住んでいた当時、部屋の汚さもMAXでした。

スポンサーリンク

部屋の状態は心の状態

自分の部屋は、自分の心の中を表すそうです。(社会心理学の本にありました)

迷いや欲望などでモヤモヤしている時は、部屋も散らかりがちになる、と。これ、ズバリ過去の私に当てはまります。

具体的には大学3年生の頃、120人を超える大規模なサークルの部長の任期を終えてから、就職活動が始まるまでの間でした。

私はサークルの部長の役割をやり遂げてなんともいえない喪失感に襲われていました。大学の単位はほぼ取得済みで、授業に出なくても困ることがなかったせいもあって、一人暮らしの部屋にこもりがちになりました。

彼氏なし、楽しみな予定は特になし、これといった目標もなく、外に出るのはバイトの時くらい。唯一、食べることが快感でした。

バイト先がコンビニだったので、バイトが終わったら甘いパンを買って帰り、食べてボーっとして、気付いたら寝落ち…これまでの中で一番だらしない生活で、どんどん太っていきました。

部屋には別に誰も来ないから掃除もしないし、何でも出しっぱなしです。体が重くて動くのも面倒だったから、かなり汚部屋になっていました。もともと持ち物が多かったので、散らかるのはあっという間です。

自分のことを大切に思えず、「こうなりたい」みたいな目標もないという精神状態がそのまま部屋にも表れていました。

お金もなくて、不要品であっても手放すのが不安だったり。←貧乏だと「必要になってもまた買えるかどうか分からない」と思ってしまって、捨てるのが怖くなるんです。

スポンサーリンク

部屋も自分も「どう見せたいか」で変えられる

その後、彼氏ができて少し変わりました。ちょっと部屋を片付けることができました^ ^;

モノは相変わらず多いままだけど、明らかにゴミでしかないような物は処分して、掃除機をかけました。

だらしない人間だと思われたくない。これが重度の汚部屋を掃除する動機となりました。

モノが多くても、不潔じゃなければ大丈夫だよね。。。みたいな。

全開
全開

私にとっては大きな進歩でした

あまりにもダメ人間になっていたので、そこからの脱却はちょっと大変だったけど、彼氏に嫌われないくらいにはしておかないと…という思いで掃除して、少し痩せました。

それから就職や結婚、出産などいろいろあって、今の体重は54kg前後です。

不思議なことに、私の場合、汚部屋度と体重がだいたい比例しています。

第一子を出産してインテリアに興味を持ってからは、少しずつ汚部屋が解消されるとともに体重も減っていきました。

自分がどうありたいか、どんな部屋で過ごしたいか、そして自分自身を他人からどのように見られたいかを意識してきたことが影響しています。

全開
全開

今、汚部屋に住んでいて、自分にも自信がなさすぎるという人は、まずほんの小さなスペース(財布の中とか郵便受けとか、ほんとに狭いところでOK)でいいから少しキレイにしてみてください。

不思議な達成感やスッキリ感を得られます。

そして、それが次の一歩につながります!

貧乏だったり、デブだったり、持ち物が多かったりしても、それ自体はさほど大きな問題ではないんです。

自分自身や部屋が、安全で快適に、気分よく過ごせる状態であるか?ここがポイント。

心身の健康のためにも、ときどき自分自身や部屋を見直すとヨイですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
私(全開)のこと
スポンサーリンク
シェアする
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開