容姿にコンプレックスがある私のサロン選び【美容院通い再開】

ファッション・美容

外見にコンプレックスがある私は、美容院選びには慎重です。オーナー単独のプライベートサロンから大規模サロンまで、いろいろ行ってみてようやく「ここがいいな」と思える美容室に出会えたところで、いろんなタイプで感じた美容院のメリット・デメリットを書きます。

スポンサーリンク

カリスマ美容師が率いる大規模サロン

コンプレックスを隠す必要がないと考えている人、活気に満ちた雰囲気が好きな人は、大規模サロンに行くのもいいと思います。

有名な美容師さんやオシャレなお客さんたちを見ているだけでも、ファッションの参考になりそう。

私が大規模なサロンに行った時は、カットやパーマを担当してくれた美容師さんは言葉遣いがとても丁寧で、本当に居心地がよかったです。ただ、アシスタントの方が何人も入れ替わるので、そのたびに緊張し、落ち着かない気分でした。経験が浅いアシスタントさんだと、こちらが気を使ってしまいました^ ^;

スポンサーリンク

お客さんの年齢層が幅広い、比較的リーズナブルなサロン

店舗が多数展開されている、比較的リーズナブルなサロンがありますよね。親子で通えるような雰囲気のサロンもあって、そこにも行ったことがあります。私が行った時は、20代~60代くらいの女性客がたくさんいました。

私はここに行ったことを後悔しています。
地元で長くやっているリーズナブルなサロンは、当然ながら常連客が多いです。そこに珍しいタイプ(=私)の人が初めて行くと、目立ってしまうのです。
さらにショックだったのは、シャンプーやカットの時に、これまた外見にハンデのある女性が、他のお客さんだけでなく、複数の美容師さんから好奇の目で見られているのがものすごくよく分かったこと。

1秒でも早くこの店を出たいと思いました。

もちろん、本当にアットホームで、マイノリティをすんなり受け入れてくれる美容院はたくさんあると思います。ただ、私が行ったところは本当に残念でした。

理想の自分像に近付く手助けをしてくれるのが美容師さんだと思っていたのになぁ。。。

スポンサーリンク

美容師の卵が施術してくれる若手ばかりの格安サロン

若手美容師さんとアルバイトの専門学生が技術向上のために格安で施術してくれる美容院もあります。
前述の2つのタイプの美容院で毎回疲れてしまったので、今度は小規模サロンです。

行ってみると元気よく迎えてくれて、皆さんきちんとしつけが行き届いているようで、親身に「ヘアスタイルや髪質に悩みはありますか?」と聞いてくれたりしました。

美容師さんが話しやすい雰囲気を作ってくれたことで、私はこの美容院で初めてリラックスできました。

若手の修行の場の格安サロンだから失敗してもいいか・・・と思っていましたが、居心地は悪くなかったです。むしろ期待以上でした。
私が帰った後は「さっきのお客さんってなんか変わってたね」と美容師さん達の間で話題になっていたかもしれないけれど^ ^;

スポンサーリンク

アシスタントもいないプライベートサロン

私が最終的に落ち着いたのは、サロンオーナーが最後まで一人で施術してくれるプライベートサロンです。
最大のメリットは、アシスタントさんや他のお客さんに会うことがないという点で、必要以上に緊張せずに済みます。
オーナーさんとの相性が合えば最高です。

美容院には行きたいけど、抵抗があって行くのが怖い、という人にはプライベートサロンがおすすめです。

私の場合は、車で30分とちょっと遠くて、料金もちょっと高いけれど、リラックスできることが重要なのでプライベートサロンを選んでいます。
ときどき冒険心でいつもとは違う美容院に行くこともあるけれど、結局は「アシスタント0人」のプライベートサロンにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション・美容 私(全開)のこと
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開