【道楽者じゃねーよ】二児の母が車でサーキットを走る理由【ワーママ】

私(全開)のこと

旦那さんの影響なのね、とよく言われるけれど、私が車でサーキットを走るのは独身時代からです!

そして悪い意味で使われがちな「道楽」であるとは全く考えていません。

声を大にして言いたい。「体力も精神力もすげー必要な高度なスポーツじゃー!!!」

スポンサーリンク

サーキットを走るメリットはたくさん

車でサーキットを走る競技と言っても、ドリフトからフォーミュラカーのレース(最高峰はF1)までいろいろあります。

全開
全開

ドリフト=美しさと技術を競うフィギュアスケート、F1=速さを競うスピードスケート…と例えるとイメージしやすいかな?

私がやっているのは、市販車でラップタイムの自己ベストを更新していく地味なやつ。

水泳やマラソンをやっている人が自己ベストタイムを更新すると気分がいいのと同様に、ラップタイムを更新できると達成感があります。

で、一般人が大きく誤解しているのは「サーキット走行=ちょっと激しいドライブでしょ?」という点!!!

いやいやいや、心拍数が上がりきっている中、集中力と判断力をずーっと求められる、もちろんかなりの体力が必要な超ハードでハイレベルなスポーツです。

そして、そんなサーキット走行をするメリットはたくさんあります。

  • 安全である
  • 痩せる
  • 全身の運動になる
  • 集中力や判断力を研ぎ澄ませるので、その感覚を鍛えられる
  • 日常の運転が上手くなる(安全運転できるようになる)
  • カッコいい!

スポーツである以上、100%安全な競技なんてありません。もちろんモータースポーツは重量物である車を使い、スピードも出す分、怪我や死亡のリスクは高いかもしれません。でも、リスクが高いことを最も安全にできる場所がサーキットなんです。

自動車での走行のために整備された環境で、歩行者も対向車もなく、万が一クラッシュなどの事故が発生した際はスタッフさんや周囲の人が駆けつけてくれます。

そして真冬でも汗だくでヘロヘロになるのがモータースポーツ。全身で路面や車の状況を感じ取り、進路と操作を判断することの連続なので、ものすっごい体力を消耗します。つまり痩せます。

かつ、「瞬間的な判断の連続と集中の継続」というのを、日頃の仕事にも活かせているような。サーキットでは一瞬の気のゆるみや見落とし、判断ミスが大事故につながることもあるので、それを思えば仕事なんて楽だよね…!?

普段の車の運転も確実に上達するし、とにかくカッコいいし、いいことだらけですよハイ。

スポンサーリンク

車=道楽、なのか?

車が好きだなんて、お金がかかる趣味でイヤよね~~!という世間の声が心に刺さります。。。

しか~し。

我が家は共働きであ~る。

しかも、夫も私も、出会う以前からバイクや車に乗っているのであ~る。

その趣味にお金と時間がどのくらいかかるのか、いかにカッコよくて健全な行いであるか、二人ともよく知っています。

というかたぶん世間の人が想像するようなコストはかけていないハズ。エンジン内部とかの精密な作業以外は自宅でやるから。

だから「結婚したら車をやめるようにって嫁から言われて…」「子どもができたからスポーツカーを売ることに…」みたいな、いわゆる「嫁ブロック」が我が家には存在しません。(むしろ背中を押しているw)

金持ちの道楽じゃないんだぞー!(金持ちじゃないぞー、という大前提が悲しいけど)

サーキット走行のすすめ なぜサーキットなのか?公道との違いは?安全性は?費用は?上達するの?
車でサーキットを走るのは本当に安全なの?怖くない?お金もかなりかかるんでしょ?…特別な道具や設備を買い揃えなくても、気軽に始められるんですよ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
私(全開)のこと
スポンサーリンク
シェアする
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開