浴室・トイレ 窓を開けられる手軽な目隠しカーテン

インテリア

お風呂やトイレが外から見えないか、心配になったことはありませんか?プライバシーを守るために、安く簡単に解決するグッズを紹介します。

外から家族構成や生活パターンを推測されると、防犯面が気になります。

でも雨戸を閉め切ると真っ暗になっちゃうし、適度な明るさはほしいところ。そこでカーテンの登場です。

100均で入手できるものも含めて、我が家のバス・トイレを紹介します。

スポンサーリンク

あなたのお風呂・トイレ、見られているかも!?

↑我が家のトイレ。カーテンをつける前です。

半透明のスリガラスのルーバー窓です。

新築時に隣にあった建物が解体され、新たにアパートが建設されたのですが、ある日なんとなく外から窓を見てみると、自分が思っていたよりも中の人のシルエットがハッキリ分かってゾッとしました(=_=)

性別までは分からないけど、体格というか体型は分かる。。。

窓枠に取り付ける目隠しもあるけれど、私は格安でなんとかしたかった…

スポンサーリンク

トイレ編 遮像・UVカットのカフェカーテン

↑カーテンを取り付けたところ。ここのカーテンは遮像だけでなく断熱性のある生地のものです。

外から人影が見えないようにしたいけど、昼間でも真っ暗になってしまうのは嫌だったから、「目の詰まった生地で透けないカーテン」かつ「窓を塞がない程度のサイズ」にしました。

ここも100均の突っ張り棒で取り付けています。

こちらは通常のレースカーテンと同じように、ときどき洗濯機で洗っています。

スポンサーリンク

お風呂編 防水カフェカーテン

↑続いてうちの浴室です。カーテンはビニール製なので、お風呂にちょうどいいです。

窓の高さに対して中途半端な長さのカーテンですが…、窓の開閉や掃除のしやすさ、風通しを考えてこの丈にしました。幅140cm×丈60cmです。

汚れたら浴室で水洗いできるのが何気に便利!

↑丈80cmや100cmのものもあるようです。

私は60cm丈のカーテンを100均の突っ張り棒と組み合わせて使っています。

カーテンをつける前は、窓の近くに立たないようにしていたけど、これで堂々と入浴できるようになりました

モノはなるべく増やしたくないけれど、快適に生活するためにはあった方がいいモノ…という感じですね。

カーテンがなくても、電気をつけている時に窓の近くに立たないとか、気をつけていれば別に問題なかったのですが、小さな子どもと一緒に入浴すると自分のことにかまっていられなかったり。

また、子どもが成長した時に、やはり外からシルエットが見えるのは親としてもなんだか嫌です^ ^;

いずれは外壁リフォームとかの機会に、窓枠に設置するタイプの目隠しも検討してみようかと考えています。