靴、ホットプレート…箱のまま収納するメリットとデメリット

収納

靴やホットプレート、かき氷器などなど、箱に入れたまま収納すべきか、箱は処分して本体だけ収納すべきか悩みませんか?

私はどちらの方法も採用していますが、箱に入れたまま収納するメリットとデメリットについて書きます。

清潔感や湿気など、収納場所によって悩みが違う場合は、収納方法を変えることで解決する助けになるかもしれません。

スポンサーリンク

箱ごと収納するメリット=中身がすぐ分かる

家電は特に、外箱に付属パーツなどもまとめて入れておけば、開けてすぐ使えますよね。

中身蛍光灯や医薬品なども中身がすぐ分かるし、外箱に製造年月・使用期限の印字があるものも。

  • 外箱に中身の情報が充実している
  • 外箱を収納ケースとして利用したほうが管理しやすい

こんなモノは箱ごと収納しておくのに向いています。

全開
全開

うちはホットプレート、かき氷器だけは箱ごと収納しています。

外箱を捨てたとしても、複数のパーツをまとめるための箱やカゴが結局は必要になりそうだしね

季節モノで使用頻度が低いものなら、箱ごと収納しておいても不便はないですね。

ホコリがつくのを防げたりもするし。

あと、ベビー用品などの数ヶ月しか使わないようなものは、誰かに譲る前提であえて箱を残しておくものも多いです。

スポンサーリンク

箱ごと収納するデメリット=取り出しにくくなりがち、そして不潔!?

箱って積み重ねやすいから、ついつい箱の上に箱を置いてしまって、収納スペースから必要なものを取り出す時に時間と手間がかかってしまう…なんてことになりやすいのがデメリット。

収納スペースの扉を開ける→積み重なっているものを移動させる→必要なものを箱ごと取り出す→外箱から中身を取り出す・・・と、使う時にいくつものアクションが必要になるうえ、使用後に戻す時にもまた面倒な手順が待っています。

使用頻度が低くないもの(月1回以上使う)なら、外箱を処分してきちんと定位置を決めたほうがスムーズに使えます。

全開
全開

もし箱ごと収納しているものがイマイチ出し入れしにくい、使いにくい…と感じるなら、見直してみては?

あと、箱ごと収納するデメリットとして、不潔になりやすいというのがあります。

段ボールの保温性と吸湿性・・・不快害虫・害獣が寄ってきそうだと思いませんか?

いくつもの段ボールが重なり合っている場所などは要注意です。

収納スペースの環境や気候、使い勝手によって見直しを

収納するモノ・箱の材質、収納スペースの環境(温度や湿度がコントロールされているか)、そしてモノと収納スペースの使い勝手を考えてみて、使いにくい部分があれば見直すのがオススメです。

  • 外箱を捨てて中身だけコンパクトにまとめる
  • 箱ごと保管するものをロフトなどに長期間放置しない
  • 収納スペースを収納したいモノに合わせて仕切る・高さを変えるなど工夫する
  • 使用頻度によって適切な場所に収納し直す

どんな収納スペースでも、見慣れると「これがいつもの普通の我が家」に見えてしまうので、ときどき「本当にこれで満足しているか?使いにくいところはないか?」と自分に問いかけてみてください^ ^

モノを収納する時に考えること 利き手の話
例えば職場の机の上。ペンスタンドや電話機は、自分から見て左右のどちら側に置いていますか?右利きの人なら、ペンスタンドは右、電話機は左にあるのではないでしょうか。入社した時からずっと同じレイアウトのままなんとなく使っ...
汚部屋脱出のきっかけと最初にやったこと
約25年間、汚部屋女子だった私。「捨てられない親」から離れて一人暮らしを始めて、それから3回引っ越したけど、どれも汚部屋でした。今回は汚部屋脱出のきっかけ、気をつけていること、そして汚部屋を解決してから感じたこと・気付いたことなど...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
収納 家事の時短・掃除・食生活
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開