【夫婦・彼氏彼女】1人がミニマリストだと、相方は我慢するしかないのか?

家族・子育て

ミニマリスト的な生活を目指している人のパートナーが「捨てられない人」「片付けられない人」「すぐ買う人」だった場合、お互いに我慢するしかないのでしょうか。

私はスッキリとしたシンプルモダンな家が好きだけど、夫はそういうのにあまり関心がありません。でも、出会った日から一度も喧嘩をしたことがありません。

お互いに歩み寄るのか、それともお別れしてしまうのか!? 私が感じていることを書きます。

スポンサーリンク

そもそも「我慢」と感じるのはなぜか?

例えばこんなことありませんか?

  • あなたかパートナーのいずれかがきれい好き
  • パートナーが部屋を片付けてくれない
  • いつもパートナーが散らかすからイライラする
  • 自分は片付けるのが苦手で、そんな自分はダメだなぁと思ってしまう

「部屋は常にキレイにしておくべき」「○○は△△してはいけない」など、自分が正しいと信じる気持ちが強く、「べき思考」を持っていると、相手に対するストレスを抱えやすくなります。

正義感が強い人である場合が多い反面、「私はこんなに正しいことを言っているのに、あなたは○○してくれない」「あなたは理解してくれない」「あなたが○○であるせいで、私は我慢しなければならない」と、責任を相手に求めてしまいがち。

全開
全開

でも「こうあるべき」と信じていることは本当に正しいのかな…?

相方にとっては、あなたの「べき思考」がストレスになっているかもしれません。

あるいは、パートナーとは違って自分はミニマリスト的な生活には興味がないし、うまく整理整頓もできないから申し訳なく思ってしまう、またはパートナーがこまめに掃除や片付けをしているのがなんだか鬱陶しい…なんてパターンもあるかもしれません。

いずれも、「あなたが○○なせいで…」といった思考が生むストレスではないでしょうか。

スポンサーリンク

改善すべきは部屋ではなく、相方との関係である

相手に対して「我慢する」のを減らす・なくすために改善するといいのは、部屋の状態よりも相手との関係です。

「この家に住むんだったら、完璧に片付けてほしい…なのにあの人はやってくれない」

「パートナーが常に片付けることを求めてくるのが重い」

お互いにストレスを感じているなら、まずは「こうあるべき」という理想のラインを見直すことです。

そして、片付けや掃除の責任範囲を設定したり、趣味のアイテムを好きなようにディスプレイするなどの「自由にしていいスペース」を設定するのもオススメです。

全開
全開

クローゼットの右半分だけは自由にさせてもらいます!とか…

普通に生活していて、2人のうちのどちらか1人「だけ」が正しいなんてことはまずないハズ。お互いに歩み寄って、妥協できるポイントを探ってみてください。

スポンサーリンク

我が家の場合

うちの場合は私だけミニマリスト傾向あり。そして私だけモノトーン大好き。

でも、私はもともと汚部屋の住人だったし、バンドやスポーツの道具も持っていて、一般人(?)のバランス感覚も持ち合わせていると自分では思っています。

そして夫はインテリアにはあまり興味がないものの、私が選ぶアイテムに共感してくれることが多く、ダメ出ししてきたことはありません。

↑夫が自由に使っているのは2階の一室です。

車やバイクの部品は大きいのでスペースが必要です。ここには私の部品も大量に保管しています。

サーキットを走る車は「スポーツの道具」であって消耗品なので、交換用パーツをたくさん使うんです~。

あと、屋外にも倉庫を置いていて、そこにもタイヤやオイル類などを保管しています。

全開
全開

たまに2人で整理してます

夫はストレスを感じているか?

夫にストレスがあるか聞いてみたところ「ない。俺はそこまでインテリアに興味がないから、君が選んだものを使う」と即答。。。興味なかったのね^ ^;

まぁ好きにさせてもらえてありがたいです。

お互いに「好きなようにできるテリトリーがある」というのがいいんでしょうね。

全開
全開

ちなみに、私は家の中を思い通りにさせてもらっているのでストレスは特にありません

というわけで、やっぱり我慢はよくない。お互いにストレスを減らす方法を考えるといいですよ~。

実家の汚部屋を断捨離したい【親の終活】ミニマリストの整理収納アドバイザーvs母 その1
実家の整理・片付けをスムーズに進めるコツについて。「モノは大切にするべき」との教育を受けた、昭和の「捨てられない」母は70代後半。父は他界し、母自身も終活を意識しているものの、やっぱりもったいないと言って何でもため込みます。...
キッチンマットいらない?ミニマリストは洗わない!拭ける「ふく楽マット」を愛用中
思い切ってキッチンマットを断捨離!←私も憧れています。が、やっぱり我が家にキッチンマットは必要。ロボット掃除機との同居、過去と現在のキッチンマットを画像と共に紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家族・子育て 私(全開)のこと
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開