粉末調味料の詰め替え容器 四角くスタイリッシュなスパイスボトル

収納

見た目やサイズ感、使い心地…sarasa design storeのスパイスボトルを5年使った感想と、AQUA及びTOWERスパイスボトルの違いについて等。

普段使いの粉末調味料も、気に入った容器で揃えると気分が上がりますよね。

キッチンの雰囲気と収納スペースに合う容器って、なかなか見つからないだけに、出会うと興奮します^ ^

スポンサーリンク

sarasa design store b2cスパイスボトル 5年目に感じること

↑5年前、買った時に写真を撮っていました。茶色い箱は、スパイスボトルと一緒に購入したスクィーズボトルです。

キッチン洗剤、マウスウォッシュに!sarasa design store b2cスクィーズボトルの使い道
食器用洗剤の詰め替えボトルはポンプボトルやワンタッチキャップなどいろいろ試してきたけれど、従来の「容器を逆さにしてギュッと押して出す」タイプが使いやすいんだなと気付きました。全開昔からあるタイプがずっと使われてるのは、や...

四角くてオシャレ!

私は直線的なデザインが好きなので、四角いこのボトルが気に入りました。

四角いので滑りにくいのもいいところ。(化粧水などの丸いボトルを濡れた手で持つと滑っちゃうんです…)

また、四角いからこそ、ぴったり隙間なく並べられるのがgood!

中身に応じて選べる穴の形

↑中身の粒の大きさに応じて穴の形状を選べます。

中華スープの素は大きい1つ穴、粒子が細かいものは6つ穴…と使い分けられますね。

片手でちょうどいいサイズ感

手に持った時に大きすぎず小さすぎずのサイズ感。

そして、よくある小瓶の7g入りなどのスパイスを1本全部詰め替えてもゆとりがある、70mlの容量。

全開
全開

私が一番気に入っているのはこのサイズ。ホントちょうどいい大きさで、引き出しに並べても邪魔にならない

スポンサーリンク

5年使って分かったデメリット

収納スペースにもぴったりだし、基本的には気に入っています。

ただ、5年使うと「ここがもっとこうだったら」と気になるポイントも出てきました。

それは

  • 中身によってはこびりついてしまう
  • 密閉性が惜しい

この2つです。

アクリル製は軽量である反面…

アクリル製だから透明感があってオシャレなんだけど、私はジンジャーパウダーを入れていたら底にこびりついてしまいました。取れないんです。。。

あと、穴の周辺に中身が付着すると、天面のフタに隙間ができて湿気が気になります。本体とキャップの間にはパッキンがあるんだけどね。

この2点が解決されたら是非リピートしたいところ。

このサイズ感でオシャレなスパイスボトルが他になかなか見つからないし。

スポンサーリンク

山崎実業のAQUAスパイスボトルが対抗馬

↑AQUAスパイスボトルも気になっていて、ときどき雑貨屋さんで手に取って眺めます。これも片手でしっくりくるサイズだし、白黒のがあるんですよね~。

あと、1本に2つの形状の穴がついているから、穴の形を指定して買う必要がないってのは嬉しい!

しかし購入に至らない最大のポイントは、やっぱり密閉性、そして個体差なのです。

片手で持って親指でフタをスライドさせると穴が出てくるんだけど、やはりフタと穴の間に中身が挟まっちゃうみたい。

個体差については、店頭にある製品をのべ30個以上チェックしたところ、フタをスライドさせる時に強い力が必要なものや、ほとんど力を入れなくても簡単に開いてしまうもの、それと途中までしかスライドできないものがありました。

全開
全開

嫌なオバサンみたいだけど、職業柄どうしても製品の出来上がりにばらつきがあるのが気になっちゃう

AQUAとTOWERの違いはカラーバリエーションだけ

ちなみに山崎実業のスパイスボトルはAQUAとTOWERの2つのシリーズがあって、見た目はそっくりです。

特に白なんて、何が違うのか分かりません。(サイズも全く同じだし)

で、メーカーさんに問い合わせたところ、異なるのはカラーバリエーションのみとのことです。

あ、あと価格も違いますね。TOWERの方が高価です。

白を買うならAQUAの方が安いですね。(なんだこの差…w)

全開
全開

と、こんなわけで、5年ずっと同じスパイスボトルを使い続けつつ、次にもっといいものが見つかったら買ってみようと考えています。

理想的なものに出会ったらまた記事にしまっす

https://mainichizenkai.com/bottles-condiment/
https://mainichizenkai.com/remotecontroller/