2,000円で部屋干し力が2倍にアップ!【夜洗濯派】

掃除

ワーママミニマリストは寝る前に洗濯をします。子どもの成長とともに、部屋干しスペースが足りなくなったので、簡単なDIYでハンガーパイプを増設しました。

天候に関係なくいつも部屋干しで、起床後に洗濯物を片付ける日々。効率の良い動線はそのままに、物干しスペースを増やしたいと思っていたのがようやく改善できました。

スポンサーリンク

洗濯機はデカいのに干すスペースが足りなかった

↑いきなり増設後の画像いっちゃおう。

ハンガーパイプ(物干し用の棒)、新築時からずっと1本しかありませんでした。

それを2本に増やしたんです。

洗濯機の容量は10kgと大きいのに、たくさん洗っても干すスペースが少なくて、リビングに干すこともあったりしてイヤでした。でもやっと解決できた!

全開
全開

1,400とか1,600とか、一般的なサイズの浴室だったら、既製品でちょうどいいパイプがネットやホームセンターで買えますよ

↑私が買ったのはこれ。ちゃんと取り付けられました!

  • 浴室乾燥機がある
  • お風呂と洗濯機が近くにある
  • 部屋干しに抵抗がない

こんな人には、お風呂での部屋干しはオススメの干し方です。

私は休日だと外に干すこともあるけれど、プライバシーが気になるから部屋干しの方が好きです。

電気代は気になるけど、お風呂の乾燥もついでにできるしね。

お風呂の壁に穴をあけるための電動ドリルがあれば本当に簡単で、30分もあれば取り付けられます。

スポンサーリンク

比較検討した製品と、選んだ決め手

↑以前から検討していたのはホシ姫サマ。部屋干ししたい時だけ天井から棒を下ろしてくるものです。

これを洗濯機を置いている洗面所の天井に設置したいな~と思っていました。

全開
全開

ただ、天井に下地が入っていないから、工事が必要だったんだよね~

そう、洗濯物は重いので、天井がそれに耐えられるように下地を入れないといけません。そのために大工さんに来てもらうとなると、お金も時間も必要ですよね。。。10年点検の時に依頼すればよかったんだけど、タイミングを逃しちゃった^ ^;

↑低めの物干し台も考えました。

洗濯物が多い時は浴室、天気がいい日はベランダで使えるんじゃないかと。低めのタイプにしておけば、外からベランダの中が見えることもないし。使わない時はたたんで収納できる。

全開
全開

でも移動させるのは面倒…

2階のベランダに洗濯物を運んで、乾いたら取りに行く…というのが面倒で、そもそもベランダで洗濯物を干したことがないんだった^ ^;

決め手は効率と費用

結局ハンガーパイプを浴室内に増設することにしたのは、洗濯機からの距離の短さ=動線の効率と、費用でした。

同じ場所にまとめて干せれば便利です。

たまたまマンションのモデルルームを見に行くと、浴室にハンガーパイプが2本あったのもいいヒントになりました。な~んだ、増やせばいいだけじゃん!って。

しかも2千円くらいだし!

伸縮タイプを選ばなかった理由

万が一、ネットやホームセンターで買ったパイプの長さが自宅の浴室に合わなかったら…と思うと、伸縮タイプのパイプを買うのが安心かな、と少し考えたけれど、買ったのは伸縮しないものです。

  • 有名メーカーの伸縮タイプ
  • 聞いたことがないメーカーの伸縮しないタイプ

↑うちの場合はネットで買ったので、この二択でした^ ^;

後者を選んだワケですが、伸縮タイプのデメリットとして次のような懸念があったんです。

  • 伸ばせば伸ばすほど耐荷重が低下する
  • 太・細の各パイプの継ぎ目に水が入ると、サビやカビの原因になりそう

気にしなければOKなんだろうけどねぇ。カビは嫌だ~。

ってなわけで、無名メーカーの伸縮しないパイプを買いました。浴室の幅を3回確認してから^ ^;

↑たっぷり干せるようになって嬉しい!

もっと早く取り付ければよかったと思いましたとさ。

全開
全開

数年以内に外壁と屋根のリフォームをしたいから、節約できてよかった~

浴室・トイレ 窓を開けられる手軽な目隠しカーテン
お風呂やトイレが外から見えないか、心配になったことはありませんか?プライバシーを守るために、100均などで安く簡単に解決するグッズを紹介します。
室内を見せずにカーテンを洗濯する手順 洗い方~干し方
大きいカーテンを洗って干そうとすると、家の中が丸見えになってしまうのが不安でした。私も何年も洗っていませんでしたが、シンプルな方法で解決できると知ってからは自宅で洗濯しています。全開今回はカーテン1セット(ドレー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除 注文住宅・住宅ローン
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開