【モノトーン雑貨】ランドリーバスケットの変遷と追加購入した理由【ニトリ】

インテリア

以前からIKEAやニトリのランドリーバスケット(洗濯かご)を愛用してきました。今回はニトリのバスケットを追加購入。

歴代バスケットをちょいと振り返りつつ、現状を紹介します。

スポンサーリンク

軽くて扱いが楽なのがいいIKEA、いつでも買いに行けるニトリ

↑IKEAの2分別のランドリーバッグ。

鉄製のスタンドに掛ける形式で、持ち運びが楽で、ランドリーバッグの下をロボット掃除機が通れるので、すごく使い勝手がよかったです!でもだいぶ前に廃番になっちゃいました(;_;) 同じものを買い替えたかったんだけどな。

↑妥協して買ったのは、80Lの大きなサイズのランドリーバッグ。これもIKEAです。

大きいので、洗濯物をたくさん入れた状態だと重くなります。でも本体が軽いから大丈夫でした。

分別タイプではなくなったので、代わりにパーテーションにかごを取り付けて、そこに分別したいものを入れることにしました。

これ、クローゼットに置いておいて、着なくなった服などを放り込んでいく作業なんかにも便利に使えました。

↑IKEAの大きなやつの次はニトリで買ってきたランドリーバスケットです。

これまで使ってきたものはフタができるのがいいところでした。

が、洗濯物を放り込むという動作が子どもにも楽にできるようにしたくて、こんなカゴに変えました。

フタがなくなり、低くなった分、子どもが服を脱いだらそのまま自分でポンと入れられるようになりました。狙い通り~。

以前のものより中身が見えやすいけれど、通気性が良くなって嬉しいです。

↑今回、同じものを買い足しました!

洗濯機をドラム式に買い替えたので、「洗濯から乾燥までするもの」と「乾燥に不向きなもの」を分別するために、バスケットを増やしました。

ニトリのランドリーバスケットは価格のわりに強度がしっかりあって気に入ったんです。

2ヶ月ほどの間、↑この無印のやわらかポリエチレンケースを洗濯機の上に置いていたんだけど、冬物はとてもじゃないけど入り切らず…^ ^; いくら柔らかい材質とは言え、摩擦で洗濯機に傷がつくのも嫌だったので、ニトリに行ってきました。

うちの洗面所は収納がないので、洗濯に関する道具を置くにも何かと考えないといけません。でも、このニトリのバスケットはほどよいサイズで邪魔にならず、とてもありがたいアイテムです。

今日から2個体制でいきまーす。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インテリア
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開