ミニマリストが寝室に置いているもの【4人家族・犬1匹】

インテリア

共働きの我が家にとって、2階の寝室は「ただ寝るためだけの部屋」です。使い道が1つしかない部屋なんてもったいない…という気もするけれど、疲労回復のためには睡眠環境は大事だし、快適に眠れるように清潔にしておくことを意識しています。

スポンサーリンク

基本的に緊急時に使うものと寝具だけ

↑うちのベッド。同じベッドを2台くっつけています。

広い部屋ではないので、写真に収まっていないけれど、ベッドの他にはアウトドア用ランタンと家族の靴があり、すべてベッドの引き出しに収納しています。

↑ランタンはこんなの。夫の実家でもらったものです。停電した時に1階や屋外に移動するために、靴と一緒に置いていて、非常用食品のローリングストックを見直す時に電池を入れ替えています。

4人家族の非常食ローリングストック【ミニマリスト的非常用食品】
地震や水害などの天災で外出や買い物ができなくなった時のために、3日分の食品をシンプルな方法でローリングストックしています。長期保存可能なものを買い揃えるのではなく、「備える」と「消費する」の繰り返しです。誰でもできるやり方...

↑作業時に手元を明るく照らすには、こんな首掛けのライトもあると便利です。私は車の狭いスペースを照らしたり、暗い倉庫の中の物を出し入れしたりする時によく使います。

あとは小さめのテレビを一応置いています。家族が体調不良で寝室にこもる時用^ ^;

スポンサーリンク

寝室のクローゼットは、寝室で使うものだけ

衣類は無印の衣装ケースをクローゼットに入れて管理しています。ここ数年で服の数を減らしたので、衣替えをする必要がなくなり、かなり楽になりました!

服はクローゼットに入る分だけ持つことにしています。

服の他にクローゼットに収納しているのは、シーズンオフの寝具です。

これも、子どもの成長とともに使うものが変化するので、季節の変わり目に見直しています。

今年は下の子が保育園で昼寝をしなくなったので、園で使っていた布団を犬の寝床に再利用しました。保護犬を迎え入れたタイミングで布団が余ったのがちょうどよかったです。

快眠重視で余計なものは置かない

「寝るためだけの部屋」ってなんかもったいない…けど、快眠の妨げになるものは置きたくなくて。

疲れて帰宅して、今日やるべきことを全部終わらせて、ようやく寝室に移動したら、とっとと寝たいんです(´д`)

入居当初はテレビもランタンもなく、本当にベッドだけでした。家族が増えて、災害のことなんかも考えると必要かな…と感じたものだけ増えた感じです。

モノが少ないと、掃除が短時間で簡単にできるのがヨイですよ~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インテリア
スポンサーリンク
全開をフォローする
スポンサーリンク
毎日全開