ミニマリストが生活で断捨離しない、捨てたくない部分

仕事のこと

自分にとって必要ないものは何でも手放してしまえ!捨てまくるぜ!←ミニマリストの脳内はこんな感じのイメージではないでしょうか。

しかし私の場合は「どうにかして可能な限り捨てる」みたいな方向性ではありません。

「捨てる」ことが人生の目的ではないから。

スポンサーリンク

結婚

もともと結婚願望はなく、女子力も極めて低いのに、25歳で結婚したのは自分でも意外でした。

「全開が結婚した時は衝撃だった」といろんな人から言われたほど。。。

結婚した瞬間から、パートナー以外とは付き合えなくなるし、結婚なんて古い制度・・・縛られたくない、という意見もあるけれど、私自身は結婚してよかったと感じています。

地域社会とのつながりや子どものことなど、考えることもやることも増えたけれど、他者への理解は格段に深まりました。

私の場合は家庭を築いてやっとまともな大人になれたという感覚があるので、もし結婚していなかったら、今頃きっと未熟なくせにすごく強気なバリキャリのまま、他人の気持ちが分からない(考えようともしない)傲慢な人になっていたに違いない…という気がします。

全開
全開

夫と出会ってから14年、一度も喧嘩をしたことがないのはありがたいことだ…

スポンサーリンク

食生活

ミニマリストの中には、毎日の食事メニューを固定している人もいますが、私はできるだけ旬のものを食べたいです。

全開
全開

職の豊かさは心の豊かさに直結する

せっかく日本に生まれたのだから、季節を楽しみたいです。旬のものは栄養価も高いしね。

これは父親からの影響です。

まぁ父の場合は料理が大好きで「子どもをファミレスに連れてくくらいなら、俺が何か作った方がマシ」とか言ってたけど、私はそこまで自炊にこだわらないし、手抜きもしますけどね~。

スポンサーリンク

マイホーム

マイホームと住宅ローンは人生のデメリットでしかなく、ただの足かせ…という考え方が主流になりつつあるのは理解しているし、私がもしこれから結婚しようというタイミングだったら、マイホーム購入にはあまり積極的にならなかったかも。

ただ、私25歳、夫23歳の時に家を建てたことは後悔していないし、サーキットで走るための車を何台も持っていて、庭でメンテナンスしたいという思いがあるので、家があってよかったと感じています。

スポンサーリンク

趣味

自称ミニマリストだけど、私の趣味は断捨離ではありません^ ^;

居心地がよくて生活しやすい家にするために、不要なものを取り除いているだけで。。。

車、バイク、スポーツ、バンドなど、わりと多趣味なので、ミニマリストを自称するわりに持ち物は少なくないような。

でも心を豊かにするためのものだから必要だ!

コスパとか節約とか時短とか、普段はそんなこともよく考えるけれど。

全開
全開

ミニマリストと言っても、家族の有無、家族との意見の一致の度合い、重視することや趣味によって、モノとの付き合い方はいろいろあるんですよね

好きなことを追求するメリット ブルーオーシャンと広がる世界
好きなこと、興味を持っていることと仕事に共通点があって、楽しく働いて収入を得られるって最高ですよね。私は今はただの社畜。でも、好きなことを追求する姿勢は変わりません。では、そのメリットや理由とは?
20代、頭金ゼロ、親からの資金援助ゼロのフルローンで注文住宅を建てた話 その1
結婚前に建築を決意した経緯、建売ではなく注文住宅にした理由、住宅ローンのこと…築10年が過ぎ、今だから思うことを書きます。なお、我が家は両家の親からの資金援助は一切辞退しています。結婚式も住宅建設も自分たちで資金調達しまし...
カードリーダーでデジタル断捨離・デジタル整理
コンパクトフラッシュやスマートメディアなど、昔のデジカメで使われていた記憶媒体。古い写真はもう読み取りができないと諦めていませんか?私はカードリーダーで解決しました!